「ほっ」と。キャンペーン

日々の食事やお弁当、お菓子にパン、手作りの味をお届けします


by chinacafe-0219

<   2011年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

f0191818_15394546.jpg

大好きな小嶋ルミさんのレシピです。

芳醇な発酵バターの香りと、さつまいもの甘さが最高のマッチング。

ちょっとしたプレゼントに作ったものですが、

とっても喜ばれました。

間違いないおいしさですもん。^^



  とっても励みになっています。

 ↓ よかったら、応援ポチをお願いします。 ↓

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
 にほんブログ村

ブログ村 手作りお菓子(個人)
[PR]
by chinacafe-0219 | 2011-03-29 15:42 | SWEETS | Comments(0)

生チョコロールケーキ

f0191818_8464743.jpg

随分と写真が撮りだめしてありました。^^

バレンタインの頃ですね・・・これは。

クーベルチュールに、オームの生クリームを使った生チョコ。

これは、あまりものです。

f0191818_8465573.jpg

チョコレートのロールケーキの中に、最近はやってる、生チョコやプリンが入ったロールケーキを作りたくて。

でも、生チョコをいつものように薄く作ってしまったので、よくわかんないね。

真四角の芯を作って今度リベンジだぁ~!


   とっても励みになっています。

 ↓ よかったら、応援ポチをお願いします。 ↓

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
 にほんブログ村

ブログ村 手作りお菓子(個人)
[PR]
by chinacafe-0219 | 2011-03-28 08:50 | SWEETS | Comments(0)

ティラミス

f0191818_755253.jpg


「私を元気づけて」

そんな意味があるティラミス。

この時期にピッタリなお菓子かもしれないですね。

バレンタインの頃に転写シートをいっぱい使ったので、

その残りも使ってしまいました。

グラスデザートにすると、ちょっとおしゃれですね。


  

   とっても励みになっています。

 ↓ よかったら、応援ポチをお願いします。 ↓

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
 にほんブログ村

ブログ村 手作りお菓子(個人)
[PR]
by chinacafe-0219 | 2011-03-25 07:55 | SWEETS | Comments(0)

笑いのパワーを!

お願いがあります

こちらのタイトルに目がとまり、ページを開いてみた。

岩手県で被災された、じろつぺさんのブログ です。



以下、転記します。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚




私が住んでいる、

岩手県南内陸部、

暖かい1日で。

食料買い出しに朝、約2時間並ぶも、

あまり苦になりませんでした。

我が家は止まっているのが電気のみ、なので、

全然、やっていけてます。

が。

今日、買い出しで並んでいる時に、

私の後ろにいた方は。

沿岸から、

わざわざ、車で、食料、衣料を買いにいらしてました。

着の身着のまま、避難したので、

今、着ているものしかないと。

家も、津波に全部流されてしまったと。


たまたま、今朝、知人より安否メールを頂戴していたので、知人への返信メールを並んでいる時に作成してまして、たまたま、後ろにいたその沿岸地域から来たという方の話を聞き、知人へ、余裕があれば、譲ってもいいものがあればお願いしますと、返信メールと共に送り、何か準備しておく!とすぐに返信をいただき、買い出しが終わると同時にその方と、その知人宅へ向かいました。

知人宅では、凄い量の防寒着、衣服を準備していてくださり、食料品まで!!(Sさんご一家様、私のお願いを即!受け入れてくださりありがとうございます!!!!)

その沿岸からきた方は一緒に避難している皆にも渡せる!と言っておりました。

私も、たまたま、車に積んでいた毛布、上着数着を渡しました。


全く、

情報が入らない、ので、

行政も何をしているのかわからない。

自分たちがいるところは田舎の田舎だから、ここまで把握できてないのかもしれないけど、

ここまで食料、などの配給も、無いので、自分たちで、やるしかない。

だからといって、

街へ行っても、全部流されて何もない、

商店、スーパー、など調達できるとこは何もない、

こっちへ来れば(私が住んでいる地域)何かはあるんじゃないかと思って来た、

自分たちが暮らしていた家の回りは、跡形もなく、消えてしまっている状態

とのこと。


とにかく、

何かできることを。

と、思っての行動でした。

私も、

全く、自分が住んでいる地域の情報が入ってきていない状況で。

ガソリンスタンドも閉鎖が続き、

車での移動も最小限にしないと駄目な状況になってきています。

隣にすんでる方が、発電機を持っているので、携帯の充電はできてはいますが、その発電機も、ガソリンがある時まで。


職場も、

電気が復旧しないかぎり、片付けに入れない状況で。

家は無事なので、家にいれますが。

私の住んでいる地域でも避難所生活をしている方もたくさんいますが。

まだ、物資は、なんとかかんとかある状態です。

が。


沿岸地域は、全部、何もない状態で、避難している方達がいます。

今、着ている服しかない状態で、です。

家に戻ればある、

と、いう状態ではないです。

その家は、

津波で流されてしまっているのです。

避難場所ではない

高台の無事だったお宅で、

避難してきた人達と、

救援を待っている方達がいます。


1分でも、早く、

沿岸地域に、

物資を届けてほしい。

人材も。


食べるものはもちろんだけど、

着るもの、暖かくすごせるもの、

ガソリン、灯油、電池、、、、、


あげればキリがないけども。

避難している沿岸地域の方へ。

届けてほしい。


まだまだ、

奥の奥に、

避難して、救助、救援を待っている方がいます。

そして、

なんとか、自力で動いている方達がいます。

早く、

届いてほしい。

届けてほしい。


テレビ、ラジオでは、伝えきれてない方達が、

待っています。

沿岸地域へ。

一刻も早く。。。

どうか、

よろしくお願いいたします。


私は、

大丈夫です。

家族も、

大丈夫です。

我が家は、

父、母、私、ジロ坊っちゃんでの生活です。

今までは、それぞれ単独行動まっしぐらの我が家が。

団体行動という、

お互いが協力しあったりして。

何だか、こそばゆい感じでいます。


あたたかいコメント、

ありがとうございます!!!!!


電気が復旧しましたら、

返信いたします!


それから。

これは、私の勝手な願いですが。

被害にあわれていない地域へお住まいの方。

どうか、

毎日を楽しく過ごして下さい。

笑顔いっぱいで過ごして下さい。

そして、それを発信してください。


笑い、が、

笑顔が、

欲しいです。


何か、力になってあげたいけど、もどかしい、と感じてる方もいらっしゃるかと思いますが、

もどかしいのは、今、こうしている私も一緒です。

身体は動くのに、、、

家で待機状態。。。

燃料もいつまでもつか。。。

我が家は、市の中心地からだいぶ離れているので、

徒歩や自転車での移動は、難しいのです。

何か、手伝いたいと、思っても、

先のことを考えると、

ライフラインが復旧するまで、

少し、じっーとしているのが一番かと。

夜になると、明かりは、

わずかです。

そんな時、

笑える何かが必要だと。

クスッとでも、

ガハハ!でも。


ただ、

自分一人ではなかなか笑えません。

家族との話題は、

現実的なことがほとんどで、(当たり前ですが。)

悲観的にはなってないですが、そろそろ、張り積めていた気持ちにもかげりがみえてきています。

が。


そんな時、

笑えるブログを読むことができたら。

暗い夜も、明るく過ごせます。


ブログにアップしなくても。

日々の生活を楽しんで下さい。

エンジョイして下さい。

普段となんら変わらない生活を送って下さい。

(あ、節電はしていただけると助かりますが。)

それが、

私の勝手な願いです。


笑いのパワーを!!!



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



こちらの記事は、3月13日に書かれたものです。

被災者の方の「生」の声を聞き、

まだ動き出せない方も、

なにもできないと立ち止まっている方も、

自分だけがいいのだろうかともどかしい気持ちでいる方も、

一歩踏み出せるきっかけになればと思います。

歩幅は人それぞれ。

踏み出すことが大事です。
[PR]
by chinacafe-0219 | 2011-03-23 07:20 | お知らせ | Comments(0)

元気出せ!

知恵がある奴は知恵を出そう。

力がある奴は力を出そう。

金がある奴は金を出そう。

『自分は何にも出せないよ・・』っていう奴は元気出せ。



多くのメディアやネットなどで言われている被災していない人にできる事

 節電をする

 募金をする

 必要以上の買いだめをしない

 出どころのわからない情報をまわさない


そして

 元気を出す事!

 なるべく普通に過ごす事!


最後のこの2点も重要かと思います。


誰かが、

「不幸に見舞われた人の力になる為に、何かしようとするのと、

一緒に不幸になろうとする事は違う。」
と言っていました。


今まさに被災された方が困難に負けず頑張ろうとしている時に、

被災していない人々が気丈でいない事には話になりません。

そして機能する地域でも経済をしっかりとまわす事!

動ける地域から普通の日常をしっかりしなければならないですよね。

そうでなければ日本は全部ダメになってしまいます。


月並みな情報ではありますが、

被災していない方で自分にも何かできないかと、

日々テレビの前で悶々としている方の確認になれれば幸いです。


松山千春さんが今回の震災に際し、

「知恵がある奴は知恵を出そう。

 力がある奴は力をだそう。

 金がある奴は金を出そう。

 『自分は何にも出せないよ・・』っていう奴は元気出せ。」


とおっしゃってました。


まさしくそのとおりだなぁと思います。

我が家はみんな元気です。

笑顔も溢れる日常を大切に過ごしていて、

ブログもいつもの日常の事をかこうと思うんですが、

ネット開くと気がついたら地震関連ばっかり調べてしまいます。。。


日常を綴ることに、申し訳ないという気持ちになるのが正直なところです。

でも、最初に書いたように、被災地の方が頑張ろうと奮起しているときに、

私が、私たちが、気丈でなくてどうするのとも、思えるように少しずつですがなってきました。
[PR]
by chinacafe-0219 | 2011-03-21 07:14 | お知らせ | Comments(0)

行為の意味

民間放送局がCMを自粛すると、多く目にするACジャパンのCM、

いろんなことを考えさせられます。

宮澤章二氏の「行為の意味・青春前期のきみたちに」からの抜粋、

「こころ」は だれにも見えないけれど
「こころづかい」は見える

「思い」は見えないけれど
「思いやり」は だれにでも見える




-あなたの〈こころ〉はどんな形ですか
と ひとに聞かれても答えようがない
自分にも他人にも〈こころ〉は見えない
けれど ほんとうに見えないのであろうか

確かに〈こころ〉はだれにも見えない
けれど〈こころづかい〉は見えるのだ
それは 人に対する積極的な行為だから

同じように胸の中の〈思い〉は見えない
けれど〈思いやり〉はだれにでも見える
それも人に対する積極的な行為なのだから

あたたかい心が あたたかい行為になり
やさしい思いが やさしい行為になるとき
〈心〉も〈思い〉も初めて美しく生きる
-それは 人が人として生きることだ

      宮澤章二 「行為の意味」全文




思いやりの気持ちを持っていても、なかなか行動に移すことは難しい。

でも、その美しい気持ちは、行為になってこそ、初めて意味があるということに気づいてもらいたい。

宮澤章二さんの詩「行為の意味」に込められたメッセージをきっかけにして、

すべての人が持っているやさしい気持ちが、たくさんのあたたかい行為となって世の中に生まれてほしい。

人が人を思うっていう行為の尊さを改めて感じる。
[PR]
by chinacafe-0219 | 2011-03-19 07:13 | お知らせ | Comments(0)

わけ合えば

私の好きな相田みつをさんの詩に、

「わけ合えば」というのがある。



わけ合えば

うばい合えば足りぬ
分け合えばあまる
うばい合えばあらそい
分け合えばやすらぎ

うばい合えばにくしみ
分け合えば喜び
うばい合えば不満
分け合えば感謝

うばい合えば戦争
分け合えば平和
うばい合えば地獄
分け合えば極楽

うばい合うと
足らないけれど
分け合うと
あまっちゃうんだなぁ


f0191818_19161533.jpg



被災地ではお互いに分け合い、

被災地以外では買占めが行われている、一体これって何だろう。

私たちが買い占めることによって、被災地に回せる分がなくなったりすることがあってはならないはずです。

もちろん自分の暮らしもあるわけだから、どのくらいのストックを用意しておけば良いかという目安は難しいです。

でも被災者の方々が寒くて不安な日々を助け合って過ごしている時に、

私達が「自分たちさえ良ければ」的な行動をとったりする事のないように気をつけたいと思いました。

節電にしてもそうですが、直接手伝う事が出来なくても、いつもの行動を少し変えるだけで役に立てる事があります。

節電・節買い・分かち合い!
[PR]
by chinacafe-0219 | 2011-03-18 19:16 | お知らせ | Comments(0)

こんな時だから

明日締め切りのおかん便企画ですが、

大変 申し訳ありませんが、中止とさせて頂きます。

明日の木曜日に締め切り、即発送と思っていたのですが、

被災地のニュースを目にする度に やるせない気持ちになり、

こんな時に浮かれた企画をするべきじゃないんじゃないかとか、

こんな時だからこそ、少しでも笑顔になってもらえるようなことをしたほうがいいのかとか、

応募して下さった方は、こんな決断をどう思われるんだろう?

そんなことを 何度も考えました。


被災地方面への荷物は引き受けてもらえない状況であること、

関東では計画停電が実施されているということで、配送等の業務にも影響がでるであろうこと。

送れたとしても、遅延が予想される状況下。

私が荷物を1つ2つ送るのを止めたからといって、なにひとつ変わらないのかもしれない。

荷物の届け先は被災地とは逆方向になるかもしれない。

だけど、様々な救援物資が全国各地から送られるであろう今、

少しでもスムーズに、それらが被災地に届けられるよう、今はただ邪魔にならないように。

そんな勝手な思いで「中止」させて頂くことにしました。

本当に申し訳ありません。

皆さんの意見も伺わず、勝手に中止と決断させていただきましたことをお許しください。
[PR]
by chinacafe-0219 | 2011-03-17 07:16 | お知らせ | Comments(4)
大阪府が被災者を受け入れる態勢が整っていること、

その詳細は大阪府のHPに掲載 してることを、

一人でも多くの被災者に伝えたいです。

現地連絡員もこれから広報に努めますが、

現場の状況からなかなか難しい状況です。

ツイッターで拡散お願いします。




これは橋下徹府知事のお言葉。

以下、転載です。



物資供給地と被災地との兵站線(へいたんせん)を確立できない状況。

これだけの被害状況においては被災者を正常な各自治体に移動する方針に切り替えるべき。

被災地で被災者をフォローするには既に限界。

国は、被災者を正常な各自治体に移動させる方針を掲げるべきだ。


大阪は受け入れ体制を整えた。これは首相の大号令。

市町村にも公営住宅の確保をお願いする。

府立高校へは最大3000人の生徒の受け入れ可能。

試験は実施しません。

府教育委員会が調整します。

私学団体にも受け入れを要請します。

小中学校については市町村教委にお願いをしていきます。


寝具、照明具、調理具などを提供し、すぐにでも生活できる環境を提供します。

福祉・心のケアなども市町村とともにサポートします。

生活物資については府民の皆さんが支給してくれます。

支援物資はすぐに集まります。


多くの大阪府民がボランティア活動をしたいと言っています。

被災地に入れないので、

被災者の皆さんに大阪に来て頂ければ全力でサポートします。

大阪は教育も医療も都市機能が正常です。

こちらに来て下さい。


ボランティアとして被災地に入れないし、支援物資も個人では送れない。

大阪に来て頂ければ、大阪府民は全力でサポートします。

達増岩手県知事にこの旨お話しし、岩手県内の市町村にこの情報を広めてもらうようお願いしました。

関西広域連合の現地連絡員もこれから広報に努めます。


被災者を正常な自治体、特に受け入れ能力の高い都市部に疎開させるべき。

被災者を分散させて、被災地でのサポート、疎開先でのサポートを分けるべきです。

大阪はお迎えします。

着の身着のままでお越し下さい。


被災地の自治体機能が回復するまで相当な時間がかかります。

被災者が正常な各自治体に移るべきです。

これは首相に大号令を発して頂かないと、被災者の皆さんはなかなか地元を離れることができないでしょう。

方針の大号令をかけるのは首相です。

首相、国が被災者疎開大作戦の号令をかけるべき。

大阪はしっかりとお迎えします。

その詳細は大阪府のHPに掲載してることを、

一人でも多くの被災者に伝えたいです。

現地連絡員もこれから広報に努めますが、

現場の状況からなかなか難しい状況です。

ツイッターで拡散お願いします。


表現が稚拙かもしれませんが、疎開です。

戦時中、都市部の住民を地方が受け入れてくれました。

今度は逆です。都市部が被災者を受け入れる番です。

この疎開作戦は関西広域連合全体での作戦に広げます。

兵庫、京都、滋賀、徳島、鳥取も疎開作戦に参加です。

大阪府と和歌山県の担当は岩手県。

宮城、福島から被災地をお迎えする移動手段も確保していきます。

支援情報は毎日行われる実務者レベルの支援チーム会議で逐次更新していきます。

拡散希望。


大阪府は府内市町村と協力して

生活サポート、教育サポートをきっちり行います。

被災者疎開大作戦を実行するとしても、現在、被災地に物資を送り続けなければならない。


今は各自治体が個別に物資を送っている状態で非常に非効率。

そこで兵站線を確立することが急務。

これも本来、国が旗を振ってやる仕事。

大阪府は府内の市町村から支援物資を3か所の拠点に集積。

山形から被災地への送りは、東北圏グループにお任せする。

どのような物資が必要か山形の前線基地から大阪拠点がオーダーをもらう。

そのオーダーを大阪府内の市町村から調達する。

こういう兵站線の確立を目指していきます。



以上、橋下府知事のツイッターでした。



橋本府知事がおっしゃっているように、

他の府県連合でも準備が始まっているようです。

希望は広がります。

















大阪府圏域、さらには関西圏域から一度大阪拠点に物資を集積し、山形に送る。


大阪府ホームページの被災者支援情報です。http://bit.ly/g0GCAG


被災地から大阪へお迎えする移動手段、確保します。


大阪府が被災者を受け入れる態勢が整っていること、


被災地に人と物を送るのは限界があります。

被災地から大阪への移動手段も確保します。


ボランティアの態勢も整いつつあります。


単なる住宅提供だけではダメなので大阪府は被災者の生活サポートも併せて行います。


府営住宅2000戸確保。










新たな可能性が開けたようで、勇気づけられました。
[PR]
by chinacafe-0219 | 2011-03-17 07:15 | お知らせ | Comments(0)

各自治体の受け入れ態勢

◆名古屋市 同市住宅供給公社が市営住宅など206戸を無償提供する。

入居期間は最長6カ月だが、状況に応じて さらに6カ月まで延長できる。

申し込みは18日から。

本人確認できる書類があれば、親戚や知人が代理申請できる。

問い合わせは市住宅管理課、電話052(972)2953。


 ◆北九州市 市営住宅100戸を一時避難用に無償提供する。

外郭団体の市住宅供給公社も賃貸住宅30戸を無償提供する。

いずれも入居期間は半年。

元の居住地に戻れない場合などは、さらに半年まで延長可能。

家賃、敷金、連帯保証人は免除する。

受け付けは16日からで、居住している市町村が発行する罹災(りさい)証明書と身元証明が必要。

証明書の入手が 難しい場合や、被災で免許証などが全くない場合は、後日の提出も認める。

問い合わせは市住宅管理課、 電話093(582)2556。


 ◆石川県 県営住宅46戸を無償で提供する。

17日から入居可能。

期間は原則6カ月で、生活状況に応じさらに 6カ月延長できる。

申し込みには罹災(りさい)証明書が必要だが、敷金や連帯保証人は不要。

問い合わせは県営住宅管理センター金沢駅西店、電話076(232)5140。


 ◆和歌山県 公営住宅221戸を無償提供する。

入居期間は1年。

罹災(りさい)証明書の提出は後日でもよく、敷金、 連帯保証人は不要。

問い合わせは県建築住宅課、電話073(441)3210。


 ◆群馬県高崎市 高齢者向け施設や市営住宅などで計760人を受け入れると発表、受け付けを始めた。

市営住宅は住宅を失った人が対象。

問い合わせは同市市民生活課、電話027(321)1227。


 ◆青森県八戸市 家屋を失った人を対象に市営住宅41戸を無償提供する。

入居期間は最大2年。

申し込みは17日から受け付け、月内に抽選予定。

罹災(りさい)証明書と窓口で配布する申請書が必要。

証明書の入手が難しい場合は後日の提出も認める。

問い合わせは市建築住宅課、電話0178(43)9109。


 ◆富山県 公営住宅275戸を無償で提供する。

期間は原則6カ月間。

本人確認できる書類があれば申請でき、 敷金や連帯保証人は免除する。

県によると、16日夕までにすでに15戸の入居が決まった。

問い合わせは県建築住宅課、電話076(444)3358。


 ◆東京都 自宅を失った被災者の受け入れ先として、空き部屋になっている都営住宅約500戸と都住宅供給公社の賃貸住宅約100戸を無償で提供する方針を明らかにした。

近く実施時期や手続き方法など詳細を決める。


 ◆兵庫県 県営住宅600戸を無償で提供する。

入居期間は原則6カ月だが、事情に応じて2年まで延長できる。

自治体の出す罹災(りさい)証明書の提出は後日でもよく、敷金も不要。

問い合わせは県住宅管理課、電話078(230)8460。


 ◆鳥取県教育委員会 青森、岩手、宮城、福島、茨城の各県で被災した児童や生徒を公立の小中高校と特別支援学校で 受け入れる。

転入希望があれば学校の定員を超える場合でも応じるほか、高校では転入試験の代わりに面接のみを実施する。

被災者数がはっきりしないため、受け入れる人数の上限は今後検討する。


 ◆大阪府 府営住宅2000戸を無償提供する。

府立高では、最大3000人の生徒を受け入れる予定。

住宅の入居期間は原則1年以内で、22日から受け付ける。

罹災(りさい)証明書と、運転免許証などの本人確認ができる資料が必要。

問い合わせは府住宅経営室、電話06(6210)9779。



愛知県も無償提供450戸
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110316/lcl11031614470005-n1.htm

神戸市、公営住宅入居受け付け 東日本大震災
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003872295.shtml

12世帯が入居申し込み 福岡県営住宅
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011031601001179.html

富山県は275戸提供…すでに15戸の入居決まる
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/16/kiji/K20110316000439320.html

避難住宅、広島県まず487戸準備
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201103160198.html



■新潟県 被災者の受入状況について(避難場所・健康相談)
http://www.bousai.pref.niigata.jp/contents/kinkyu_sizen/000707.html


■栃木県 福島県からの避難者に対する総合相談窓口(避難場所・健康相談)
http://www.pref.tochigi.lg.jp/kinkyu/fukushimahinan.html

■山形県 福島県からの避難指示に該当する住民からの相談窓口の設置について(健康相談)
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kenkofukushi/090005/hibakusoudan.html

■群馬県 東北地方太平洋沖地震等に伴う県営住宅への入居について(避難場所)
http://www.pref.gunma.jp/04/h7300018.html

■山梨県 東北地方太平洋沖地震等の被災者に対する県営住宅の一時的入居について(避難場所)
http://www.pref.yamanashi.jp/shinchaku/jutaku/2203/kenchikujutaku15.html

■愛知県 東北地方太平洋沖地震の被災者等への県営住宅の提供について(避難場所)
http://www.pref.aichi.jp/0000039498.html

■富山県 被災者の方々に公営住宅を無償提供します。(避難場所)
http://www.pref.toyama.jp/sections/1001/201103eq/index.html

■石川県 被災者への県営住宅提供
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kenju/touhokuzisinn.html

■滋賀県 地震被災者に住宅の提供を行います(避難場所)
http://www.pref.shiga.jp/hodo/e-shinbun/hb00/20110315.html

■大阪府 大阪府営住宅における被災者の受け入れについて(避難場所)
http://www.pref.osaka.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=6436

■岡山県 東北地方太平洋沖地震被災者に対する県営住宅への一時入居について(避難場所)
http://www.pref.okayama.jp/kinkyu/detail-92707.html

■島根県 東北地方太平洋沖地震について(避難場所・学校受入)
http://www.pref.shimane.lg.jp/shobobosai/tohoku_jishin.html

■高知県 東北地方太平洋沖地震の被災者の方々への支援について(避難場所)
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/111301/h22-koho-shien.html

■福岡県 県営住宅の提供(避難場所)
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/a01/kennnotaiou.html#06

■佐賀県 東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様に県営住宅を確保しています。(避難場所・学校受入)
http://www.pref.saga.lg.jp/web/index/bousai-top/bousai-kinkyu/_53053/_53227.html

■長崎県 地震・津波被災者のみなさまへ(避難場所)
http://www.pref.nagasaki.jp/keneijuutaku/jisinhisaisya/jisin-hisai.html


重複した情報があるかもしれませんが。
[PR]
by chinacafe-0219 | 2011-03-17 07:05 | お知らせ | Comments(0)